インスリンとEPA

インスリンとEPA

インスリンの感受性を高めるためにEPAが有効であることはご存知ですか?

 

 

EPAは、エイコサペンタエン酸と呼ばれる脂肪酸の一種で、
青魚などの魚油から取られる不飽和脂肪酸です。

 

 

不飽和脂肪酸は、中性脂肪の低下や
記憶力の向上といった効果が報告されています。

 

 

このEPAが糖尿病の予防や改善に効果的なのです。

 

 

EPAにはアディポネクチンを分泌し、
AMPKを活性化して、インスリンの感受性を高めます。

 

 

実際、糖尿病の発症と青魚類の摂取の関連を調べた結果があります。

 

 

女性の場合、青魚類の摂取量にかかわらず
糖尿病の発症に差はなかったのですが、男性の場合は発症の差がありました。

 

男性で魚介類の摂取量が多いほど
糖尿病発症のリスクが低下する傾向がみられました。

 

 

摂取量がもっとも多い人達と、もっとも少ない人達を比較すると
摂取量がもっとも多い人達は糖尿病の発症のリスクが約3割低下していたそうです。

 

 

また、青魚に含まれるDHA、EPAを摂取すると
痩せるホルモンと呼ばれるGLP-1が作られます。

 

 

このGLP-1は、インスリンの分泌を促進してくれます。

 

 

ちなみにGLP-1は、糖尿病の治療薬としても使われているそうです。

 

 

EPAは、体内では作ることのできない脂肪酸ですので、
食品やサプリメントで摂取する必要があります。

 

 

日常的にサバやイワシなどの
青魚を食べているのであればサプリメントは必要ありませんが、
そうでない場合や青魚が苦手な場合はサプリメントが有効です。

 

 

インスリンの感受性を高めるために必要なEPAの摂取量は、
1日あたりEPA+DHAとして約2〜4gを摂取しましょう。

 

 

EPAにはインスリンの感受性を高めるだけでなく、
以下のような様々な効果があります。

 

 

○EPAの効果

 

・筋肉減少を抑制
・脂肪燃焼(ダイエット)
・血液サラサラ効果
・動脈硬化の予防
・心筋梗塞の予防
・血栓症の予防
・脳梗塞の予防
・糖尿病の予防
・抗アレルギー作用
・視力回復
・うつ病の改善