インスリンと筋肉のバルクアップ

インスリンと筋肉

インスリン筋肉バルクアップに欠かせません。

 

 

インスリンはアミノ酸やグリコーゲンを筋肉に摂り込まれるのを促進し、
RNA(たんぱく質合成に必要)の生産量を増やして、
筋肉内での異化作用(筋肉の分解)を抑えます。

 

 

さらには、肝臓がアミノ酸をエネルギーとして使うのも妨げます。

 

 

つまりは、インスリンは筋肉の合成を促進し、
筋肉が分解されてしまうのを防いでくれるホルモンなのです。

 

 

そのため、インスリンはアナボリックホルモン(同化ホルモン)と呼ばれます。

 

 

インスリンによって、筋肉にグリコーゲンが取り込まれる事は
筋肉に張りを持たせるだけでなく、筋肉の疲労回復を促進してくれます。

 

 

筋肉はタンパク質からつくられているから、
単にタンパク質を摂取するだけで、
効率的に筋肉ができるかといえば、そうではありません。

 

 

筋肉を効率的にバルクアップさせたい場合は
糖質とタンパク質と合わせて摂取する必要があります。

 

 

糖質をタンパク質と一緒に摂ると、
血糖値が上昇してインスリン分泌されます。

 

 

それと同時に、血管拡張して、
効率よくアミノ酸が筋肉に取り込まれるようになります。

 

 

また、消費されたグリコーゲンが
筋肉に補充されて、筋肉の回復力も高まります。

 

 

この時、糖質は取らないようにすることも一つのポイントです。

 

 

インスリンが分泌されている時に脂質を摂取すると
脂質が脂肪細胞に蓄えられやすい状況になってしまいます。

 

 

脂肪をつけないで筋肉を成長させるためには、
糖質とタンパク質の組み合わせが重要になってきます。

 

 

筋肉をバルクアップさせるための摂取量としては、
タンパク質は20〜30g、糖質は30〜80gの摂取がいいでしょう。

 

 

これは、朝、昼、晩、トレーニング後、間食の全てにおいて共通しています。