インスリンとケルセチン

インスリンとケルセチン

インスリンの感受性を高めるためにケルセチンという成分が有効です。

 

 

ケルセチンはフラボノイド、ポリフェノールの一種で、
主にタマネギなどの野菜に多く含まれている成分です。

 

 

ケルセチンは血流を改善する効果や
動脈硬化を予防する効果などで知られています。

 

 

ケルセチンは、ビタミンPというビタミン様物質のひとつであり、
主にビタミンCの働きを助ける成分だといわれています。

 

 

血管をしなやかにするほか、
活性酸素によるダメージを防ぐ抗酸化作用があります。

 

 

ケルセチンは、糖尿病の薬である
メトホルミンと似たような仕組みにより、
AMPK経路の活性させ、インスリンの感受性を高めます。

 

 

インスリン感受性が高いと、
分泌されたインスリによって運ばれた栄養素が、
筋肉や肝臓に取り込まれやすくなります。

 

 

また、ケルセチンには様々な効果があり、
強力な抗酸化作用や抗アレルギー作用、脂肪燃焼作用もあります。

 

 

ケルセチンの1日の摂取量は、
約500〜1000mgで十分効果があります。

 

 

摂取タイミングとしては、
朝食後と夕食後の2回に分けて摂取しましょう。

 

 

基本的には、サプリメントが効率的でおすすめですが、
どうしても食品から摂取したいという方には、玉ねぎがおすすめです。

 

 

たまねぎ半分〜1個で、ケルセチンおよそ51mg程含まれています。

 

 

これくらいの摂取量であれば、
血液サラサラ、動脈硬化の予防においては十分に効果があります。

 

 

ただし、血糖値を安定させるために
インスリンの感受性を高かめたい場合は、
ケルセチンの1日の摂取量は約500〜1000mgがおすすめです。

 

 

この摂取量を玉ねぎから摂取するのは難しいと思います。

 

 

そんな時は、玉ねぎの皮を使いましょう。

 

 

玉ねぎの皮には、中身の20倍から100倍程、
ケルセチン成分が含まれているといいますので、
インスリンの感受性を高めたいなら玉ねぎの皮を利用しましょう。