インスリンとビオチン

インスリンとビオチン

インスリンの分泌を高める栄養素としてビオチンがあります。

 

 

ビオチンは哺乳類では合成ができない成分で、
必須の水溶性ビタミンの一種です 。

 

 

ビオチンは食品から摂取するほか、腸内細菌によっても合成されます。

 

 

しかし、その合成量だけでは体における必要量を維持できません。

 

 

ビオチンは、体内において4種類のカルボキシラーゼの補酵素として、
カルボキシル化反応を触媒しています。

 

 

これらの体内反応は糖新生や分岐鎖アミノ酸の合成、
脂肪酸合成、エネルギー代謝などに関連しています。

 

 

このビオチンが糖尿病の改善や予防に関与し、
インスリンの分泌を高めてくれるというのです。

 

 

ビオチンは、小胞体における
カルシウムイオンの放出を促進することで
インスリンの分泌を高めてくれます。

 

 

ビオチンは様々な食品に含まれていますので、
通常の食生活をしている人では不足することはありません。

 

 

しかし、他の成分と併せて摂取する場合、
ちょっとした注意が必要になります。

 

 

ビオチンはαリポ酸と構造が似ているため、
αリポ酸とビオチンを併用すると、体で誤作動が起こり、
ビオチンを摂取しなければいけないところ、
間違ってαリポ酸を多く取り込んでしまうのです。

 

 

この逆のパターンもあります。

 

 

また、生の卵白を多量に
長期間において摂取する場合も注意が必要です。

 

 

卵白に含まれているアビジン (糖タンパク) は、
ビオチンと強く結合してビオチン-アビジン結合体を作るため、
消化管でのビオチンの吸収を阻害するためです

 

 

その結果、ビオチン不足が起こる可能性があります。

 

 

ビオチンの摂取量は特に決まっていませんが
目安の摂取量として1日あたり約30μgです。

 

 

また、ビオチンはビタミンB郡が無いと、
体内で上手く機能することができません。

 

 

そのため、ビオチンの効果を効率よく得るためには、
ビタミンB群も一緒に摂取するようにしましょう。