インスリンとバナジウム

インスリンとバナジウム

インスリンの分泌を効率的にするために、バナジウムという成分が有効だとされています。

 

 

バナジウムは、マグネシウムやカルシウムと同じミネラル成分で、
体の機能の維持や調節に必要不可欠な成分です。

 

 

ミネラルのうち、不足すると体に影響が出るものを必須ミネラルといい、
さらに必須ミネラルは、要ミネラルと微量ミネラルに分けられます、

 

 

バナジウムは微量必須ミネラルの一つで
人間の体の中にも50〜200μg存在しており、
脂肪燃焼や代謝に関わっているとされています。

 

 

ちなみに、毎日の食事から
どれくらいバナジウムを摂取できているかというと
一日あたり平均で約6?18μg程摂取しています。

 

 

このバナジウムがインスリンに作用し、
血糖値の安定に役立つといわれています。

 

 

バナジウムはアルギニンと同様、
脱分極を促進してインスリンを分泌します。

 

 

また、GLUT4のトランスロケーションを促進して、
インスリンの感受性を高めてくれる効果があります。

 

 

つまり、バナジウムはインスリン分泌と
インスリンの感受性の向上の二つの効果が期待できるとされています。

 

 

バナジウムの摂取量としては、
「バナジウム+サルフェイト」の形態ととして
1日あたり10〜30mgほどです。

 

 

ただし、バナジウムは長期的に
大量に摂取すると毒性の心配があります。

 

 

ちなみに、「バナジウム+サルフェイト」の形態とは違い、
バナジウムだけでの摂取の上限は2mg前後といわれていますので、
摂取する形態にも注意が必要です。

 

 

バナジウムの毒性の症状として
激しい下痢と腹痛、神経障害が報告がされています。

 

 

そのため、長く摂取しても
3ヶ月以上の摂取は避けましょう。

 

 

ちなみに、バナジウム天然水であれば多くても
1リットルあたり100μgくらいの含有量なので
長期摂取してもバナジウムの毒性の問題はありません。

 

 

そのほかのバナジウムの効果としては以下のとおりです。

 

・コレステロール値の改善
・体の毒素を排泄するデトックス効果
・脂肪燃焼促進
・美容効果
・熱中症予防