インスリンと脂肪細胞

インスリンと脂肪細胞

インスリン脂肪細胞にも働きかけます。

 

 

脂肪細胞に送り込まれる糖分は、全体の約3%程です。

 

 

インスリンは脂肪を合成するリポタンパクリパーゼという酵素の働きを助け、
また、脂肪を分解するホルモン感受性リパーゼという酵素の働きを抑えます。

 

 

簡単にいえば、インスリンが分泌されると、
体脂肪は合成されやすく、分解されにくいのです。

 

 

インスリンによって活性化されるリポタンパクリパーゼは、
中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解して、
筋肉細胞や脂肪細胞に取り込ませます。

 

 

これを、エネルギー源として利用して、
余ったら中性脂肪に再合成して蓄えるというサイクルで働きます。

 

 

インスリン抵抗性がある(感受性が低い)場合、
脂肪細胞のリポタンパクリパーゼが充分に活性化されません。

 

 

すると、脂肪細胞内にエネルギー蓄積をできない状態となり、
中性脂肪が減らず、中性脂肪血症の原因となります。

 

 

また、インスリンの分泌がされない場合、
これを放っておくと、体にエネルギーが取り込めないため、
どんどんと体重が減っていきます。

 

 

なぜなら、インスリンが分泌されないと、
糖分やアミノ酸などの栄養が各細胞に運ばれず、
脂肪細胞への取り込みも減り、筋肉自体も痩せてくるのです。

 

 

そうならないために、糖尿病の患者さんは、
インスリン注射を利用して、外からインスリンを摂取しているのです。

 

 

インスリンは分泌されないと生死に関わりますが、
過剰に分泌されることもまた、健康に害を及ぼします。

 

 

インスリンが過剰に分泌されると以下のようになります。

 

・脂肪燃焼が抑制され、ダイエットの効率が悪くなる
・体脂肪の合成が促進され、メタボの原因になる
・成長ホルモンの分泌が抑制され、疲労や筋肉の回復が遅くなる
・血糖値が下がりすぎるため、めまいの原因になる。

 

 

このことから、血糖値の急激な上昇により起こる
インスリンの過剰分泌を押さえれば、
脂肪細胞への過剰な合成を抑えることができます。

 

 

上手にダイエットしたい方やメタボを予防したい方は、
インスリンのコントロールが重要になってきます。