インスリンとコロソリン酸

インスリンとコロソリン酸

インスリンの感受性を高める成分として、コロソリン酸という成分が有効であるとされています。

 

 

コロソリン酸とは、ミソハギ科の植物である
バナバの有効成分で、トリテルペノイドの一種です。

 

 

すい臓から分泌されるインスリンからの命令を受けて、
GLUT4(グルコーストランスポーター)と呼ばれる蛋白質が、
血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓、脂肪細胞に運びます。

 

 

その結果、血液中のブドウ糖が調整され、
血糖値が一定範囲内に維持される仕組みになっているのです。

 

 

この、コロソリン酸はGLUT4(グルコーストランスポーター)のトレンスロケーションを促進し、
インスリンの感受性を高め、血糖値を安定に役立ちます。

 

 

つまり、血液中のブドウ糖を細胞内へ取り込みやすくすることで
血糖値を下げる作用の効率を向上させてくれるのです。

 

 

コロソリン酸には筋肉組織での
エネルギー生成量を増加させる効果も期待できますので、
筋肉疲労を軽減してくれます。

 

 

また、バナバ茶にはカフェインが含まれていないので、
妊婦さんや子どもでも安心して飲むことができます。

 

 

そのうえ、バナバ茶にはマグネシウムミネラルや亜鉛が多く含まれるため
健康のために飲み続けたい方にもピッタリです。

 

 

コロソリン酸の摂取量としては、
1日あたり0.5mg以上摂取するようにしましょう。

 

 

ただし、糖尿病の治療薬を服用している方は
お医者さんとの相談が必要になってくる場合もあります。

 

 

コロソリン酸はインスリンに作用し、
血糖値を安定させる効果があります。

 

 

そこに、治療薬を服用していると、
糖を分解する酵素の働きを抑える作用があるため、
結果として医薬品の作用が増強され、低血糖を起こす可能性があります。

 

 

また、未消化の糖質が腸内で発酵し、
ガスの発生が多くなるため、お腹のハリが強く出る場合もあります。